2013年08月21日

動物愛護法改正

9月1日からの法改正で、直接会って個体を確認していただくことが前提と明記されるようです。
従って、この改正案が施行されたあとは、インターネットで写真や動画だけ見て、子猫を迎えるということが出来なくなります。

陸送はもとより空輸もダメになるそうです。

しかし、一度でも子猫と対面・現認していれば空輸で受け取れるそうです。
ネット売買と生体の空輸自体は規制されてないようです。

地方のブリーダー及び購入者には結構厳しい法になりますね。

また、対面販売&空輸が駄目になると、国外へ猫を売る事も出来なくなります。
良い猫が海外で活躍出来る事は、とても少なくなるって事ですね。

空輸で子猫を買おうってお考えの方は、8月中に養子縁組済ませた方が宜しい様ですよ。

我が家の子たちにも早く優しい家族を見つけてあげなきゃですが(;^_^A アセアセ

ニックネーム かれちゃま at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厳しくなったんね〜
直接子猫見てから譲ったり譲り受けたりが一番なんだろうけどね
ブリーダーさんは海外もあるから残念な事に!

Posted by asachin at 2013年09月05日 19:57
>あさちん
それもそうなんだけどね〜
地方のブリーダーと欲しい人にはキツイ法律だと思うよ
Posted by かれちゃま at 2013年09月05日 21:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3514435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック